脱毛エステ

脱毛エステとは

モデル

脱毛の歴史は古いです。古代ギリシャやローマ時代の頃から脱毛行為を行われていただろうと推測されるたくさんの埋蔵品やら絵画が発見されています。日本でも平安時代に二枚貝のハマグリを利用して額の生え際を整えるために脱毛していようです。そして、大正時代になると洋服の普及で脇毛を処理するようになったようです。

 

そもそも人なぜ脱毛するのでしょうか。肌がいくらきれいでもぼうぼうなむだ毛が気になるようでは美しさも台無しです。小学校高学年の思春期にさしかかった頃、脇毛や手足しのむだ毛が気になりはじめ、母親や姉のカミソリを借りて自己処理を始めるのもこの頃です。しかし安易な自己処理の脱毛は、面倒な処理できれいに処理しきれません。すぐに濃い毛が生えてきたり、赤く腫れるなどの肌トラブルも招いてしまいます。

 

脱毛エステを施せば、プロのエステシャンがきれいにツルツルに仕上げてくれます。気になる脇毛もノースリーブの服を着て思い切り手を上げたり、電車のつり革持ったりしても気になりません。もちろん手足も同様、ミニスカート、ショートパンツ、水着など手足を露出するオシャレも気にせず楽しめます。従来の脱毛エステに対するイメージは痛く、値段高く、敷居の高いイメージであった様に思われます。しかし、最近では機器の技術革新もあり、痛みも殆どなく、料金的にも良心的になってきました。脱毛エステをお考えになっているのであれば専門のカウンセリングを受けてみて、体験コースやお試しなどを利用されてみて、納得のいく脱毛エステ施術を行い、面倒なお手入れから解放され、手足の露出するオシャレを楽しむ事が出来れば幸いです。

 

エピレ横浜店|予約と店舗情報はコチラ!
エピレ横浜

永久脱毛

モデル

むだ毛を自己流で処理するのは面倒な手間がかかります。自己処理すればするほど、早く濃い毛が生えてきてしまいます。また、肌トラブルも招きやすいのが現状です。永久脱毛は女性であれば一度は聞いた事もあり、友達が経験されたなどの何らかの口コミを得た事があるかと思います。またご自身もやってみたいと思われた方も多くいらっしゃると思います。永久脱毛を一度行ってしまえば、もうむだ毛を処理する手間は省け、永遠にツルツルな肌を保てます。ノースリーブを着て手を上げたり、電車のつり革を持ったり、手足を露出するミニスカートやショートパンツのオシャレも手間ひま費やす事なく楽しめます。

 

そもそも永久脱毛の定義とは6ヶ月間毛が生えてこない状態の事を言うのが主流の様です。永久脱毛には、主に3つの方法があります。1つ目は、自己処理エステです。最近では10万円前後で専門の機器が手に入るようになりました。購入を検討される際にはアフターサービスや安全面を十分に確認され、説明書を熟知してから行うのが良いでしょう。2つ目は、最も利用されるエステで施術です。こちらはレーザーで行うのが一般的ですが、クリニックの所持する医療用のレーザーと比べると光が弱いため、完璧な永久脱毛は施されないのが現状のようです。

 

3つ目に医療機関で行うクリニックエステです。医療用レーザーで光も強いです。他の施術方法もあり、ほぼ完璧に永久脱毛が施されるようです。しかし、金額的に高くなる場合もあり、施術方法によっては痛み伴う事もあるようです。どちらがいいかは一概には言えないです。事前にリサーチして、ご自身に合った納得のいく脱毛エステサロン先を選び、スベスベな肌を手に入れたいものです。